洋楽歌詞を和訳して英語を学ぼう!

洋楽の歌詞を和訳翻訳しながら英語も勉強しようというブログです。和訳に関しては独自のものです。 少しでも英語が楽しんで勉強できればとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

numb (訪問者様の情報)

 julie様からnumbの和訳に関して意見をいただきました。コメント欄は見ない方も多いので、記事にアップしました。こちらも参考に。

walking in one's shoes は、誰でもその人の靴を履いて歩いてみない限りその人のことはわからない(その人の代わりにその人の人生を歩く気持ちになって相手を理解しよう)というネイティブアメリカンの諺に由来しています。君と同じように考え振る舞っても自分にプレッシャーがかかるだけ、という感じでしょうか。

undertow は、under toe と音をかけているのかもしれませんね。

 julie様は洋書のブログをやっているので、洋書に興味のある方はご訪問されてはいかがでしょうか?http://paperback.blog10.fc2.com/

[ 2006/04/16 11:47 ] [Linkin park] numb | TB(0) | CM(2)
わあ! わざわざ記事にあげてくださってありがとうございます!! ちょうど in her shoes という表現を、あちこちで読んだあとだったのでコメントさせていただきました。
http://paperback.blog10.fc2.com/index.php?q=in+her+shoes

私は英語の多読をしています。簡単な本(中学1年生レベルの英語でかかれた Oxford や Penguin の本、英語圏の小学生1年生が読む本から読み上げていって、ペーパーバックが読めるようになったところです。この方法だと、「洋書=むずかしい」ではなく「洋書=かんたん」なまま、いつの間にか読めるようになります。

zorude 様のように、好きな音楽の歌詞が知りたい♪とか、趣味で英語とつきあっている人のほうが伸びるようです。洋楽をきっかけに、いろんな興味が広がるといいですね。これからも Happy Singing♪
[ 2006/04/17 09:57 ] [ 編集 ]
in her shoes、聞いたことありますね!
確かに意味を考えて見るとそうですねぇ・・。当時聞いた時は普通に彼女の靴とか思ってましたよ。^^;

ペーバーバックを読むのは、自分にはちょっと向かないみたい・・。日本の本もろくに読まない奴でして。(笑)でも眠っているペーパーバックは読んでみようかなと思っています。

これからもいっしょに英語とおつきあいしていきましょう!
[ 2006/04/17 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。