洋楽歌詞を和訳して英語を学ぼう!

洋楽の歌詞を和訳翻訳しながら英語も勉強しようというブログです。和訳に関しては独自のものです。 少しでも英語が楽しんで勉強できればとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

a thousand suns レビュー

昨日、リンキンパーク(linkin park)のニューアルバム、「a thousand suns」を買ってきました!
いろいろ視聴しながら買おうか決めようと思っていたのですが、なぜか衝動的に購入。

早速あけてみる。
外のビニールを開けるときはなぜかいまだに少しドキドキしますね。

表紙はシンプルです。

CDを聞きながら歌詞カードをみたらデザインはいいんだけど歌詞が読みにくい。日本盤なのでもう一つ歌詞がのってるのがあってよかった・・。

肝心のCDの内容の感想は前の記事のとおり、ドラマチックな感じの曲が多く、やはり以前のリンキンパークではないですね。前回のアルバム、minutes to midnightで分岐して今回で完全に別の方向にリンキンは向いています。
私は「以前」のリンキン派なのでとても残念です。

特にスピード感のある曲が・・マイク・シノダとチェスターが交互に歌うような曲がなくなってしまいました。ほぼ完全に歌うパートを別にしています。結局一通り聞いて一番よかったのは日本盤ボーナストラックの「new divide (ライブバージョン)」でした。

あとは16曲ありますが、歌詞があるのは10曲くらいと思われますのでそこは注意です。

リンキンのもうひとつの強みである様々な音のミックスで表す独創性はいまだ健在で曲自体に面白みはあります。ですが、歌として聞くとやはり物足りなさがありましたね。
よって、新しいリンキンを受け入れられたら買いのアルバムと思われます。


[ 2010/09/18 14:57 ] [洋楽]洋楽の話題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。